WHAT IS CBD?

CBDって何?

PLAY VIDEO

CBDとは?

CBDとは正式名称Cannabidiol – カンナビジオールと呼ばれ、ヘンプに含まれる主要成分の1つです。ヘンプの中には104種類にも及ぶエンドカンナビノイドと言われる活性物質が含まれており、その中でも世界的な注目を集めているのがこのCBDという成分です。

CBDは1940年に化学者ロジャー・アダムスによって発見されました。その後、1964年頃からイスラエルの化学者達によってカンナビノイドと人体の密接な関係性が明かされ始め、1980年代末にはカンナビノイドが人間の体内の受容体と結合することが発見され、生命科学、医療分野においての大きな可能性として研究が活発になっていきました。

2000年初頭からジャーナリスト達の啓蒙活動によってアメリカを中心にCBDが一般でも注目され始めました。そして2013年にアメリカのCNN放送が放映したCBDのドキュメンタリーによってCBDの持つパワーとさらなる可能性が爆発的に世界に知れ渡り、大きなムーブメントが生まれました。

現在ではアメリカ、ヨーロッパを中心に、CBDはオイル、ペースト、カプセル、ガム、クリーム、シャンプー、お茶やクッキーなどの食べ物まで、様々な形状、形態に置き換えられ、日々の生活の中で、スポーツで、医療の現場など様々な場面で使用され始めている次世代の栄養素です。

WHAT IS ECS?

ECS – エンドカンナビノイドシステムとは?

私たちの健康を維持するために絶え間なく活動している生体システムがあります。それはECS-エンドカンナビノイドシステムと呼ばれ、日々、毎時毎秒と細胞どうしがコミュニケーションを取り合うことで健康を維持するシステムです。このエンドカンナビノイドシステムは “寝ること、食べること、リラックスすること、そして忘れること”をサポートしてくれると言われており、カンナビノイド受容体(CB1,CB2)が私たちの全身に分布していることからも、私たちの脳と身体は、カンナビノイドによって強く結びついていることが分かっています。

カンナビノイド欠乏症

農薬や食品添加物などの化学物質を多く食べ物、睡眠不足、過度なアルコールの摂取、強度なストレス、そして老化などによってエンドカンナビノイドシステムの働きは弱くなり、神経と免疫システムに不調をもたらします。健康な状態ならば活発に作られるはずの体内のカンナビノイドが作られなくなるからです。この状態を「カンナビノイド欠乏症」と呼び、現代人に多い病気や老化に伴う様々な病気の原因となっていると言われています。