ENDOCA SASTINABLE TASK

エンドカのサスティナブルな業務

私たちの健康は、健康な植物があってこそ成り立ち、その植物が健康に育つには、健康な土や水があってこそという考えが根底にあります。私たちENDOCA (エンドカ) は、独自の品質管理プログラムのもと豊かな土壌環境を養い、除草剤や農薬を一切使わずオーガニックなヘンプを栽培し、そのオーガニックヘンプからのみ製品を製造しています。ヘンプは土壌の不純物を吸収し、土壌を浄化する特性があるので、土壌品質管理には細心の注意を払わなければなりません。

私たちは独自のシードバンクプログラム(植物の種子を収集、貯蔵する施設)も保有し研究、育成をしています。ENDOCAにとって環境に優しいということは最重要項目であり、農耕機なども食品産業から排出された廃油で稼働させています。ヘンプからCBDオイルの抽出する際の製造方法も最先端の技術を活用し、CO2(私たちはが呼吸する空気)を使用し化学薬品や溶剤を使用せずクリーンな製法で行っています。これらの工程により純度の高い非常にクリアなオイルを生産することができています。

生産の過程で残ったものは牛の食べ物として使用されます。残ったヘンプには少量のCBDが保有されている為、家畜の抗生物質の必要性を減らします。利用できない残りの廃棄物は、電気や暖房用のバイオガスに変換されます。人々の健康と環境の健康が私たちの最優先のタスクです。

私たちはヘンプ製品の製造現場とともにオーガニックな食物が育ち、必要なものが全て1つの小さなコミュニティの中で生産され完結する完全独立した100%サスティナブル(持続可能)な村の建設し、その運営に取り組んでいます。

私たちの事業は単なる “オーガニック”を超えて、最大限の”サステナビリティ(持続可能性)”を確保する為に、パーマカルチャー(持続型農業)の原理を実践しています。

ENDOCA NEXT STEP

ENDOCA (エンドカ) の次の大きなステップは、持続可能な電力源として太陽光エネルギーをENDOCAの施設に活用することです。私たちは100%サスティナブルに活動ができることを証明したいと考えています。そして、世界をより健康的な場所にするために、あなたにも一緒に参加して欲しいと私たちは願っています。

ENDOCA FOOD FOREST

ENDOCA (エンドカ) ではスペインのバルセロナ近郊に5ヘクタールの土地を所有し、そこ独立したFood Forest(フードフォレスト)と呼ばれるオーガニックな作物に溢れた森を形成しました。Agroforestry System(アグロフォレストリーシステム)という農法を活用し、土壌に生物の多様性を取り戻し様々な作物を育てることに成功しました。また独自の水供給と太陽光発電を使用して完全に独立し、自給自足できる環境を整えています。こちらでは研究施設も兼ね備えており、定期的に世界の専門家を招いてワークショップを行い、共に世界を変える方法を学んでいます。